賃貸管理は新しいビジネスです

賃貸管理は新しいビジネスです

賃貸管理は、不動産仲介業ではなく新しいスタイルのビジネスです。

埼玉や群馬といった地方でも、東京都心でも賃貸管理業務を行う不動産業者が増えています。

この賃貸管理は不動産オーナーが所有しているアパートやマンション、一戸建てを不動産会社がヒアリングして調査し、効率的で安定した収入が得られるように、またオーナーが管理しやすいように適切なプランを提案するものです。

また入居者を募集したり、内装のリフォームをしたりといったサービスを行っている不動産会社も多く、不動産オーナーは所有する賃貸物件の経営に関する大部分を不動産会社に任せることができるようになりました。

埼玉でも東京でも、沖縄でも北海道でも、地元の不動産会社が賃貸物件を管理する業務を行うようになってきています。

ちなみに埼玉や東京、神奈川などの首都圏と言われる地域では、一戸建ての購入よりマンション・アパートの賃貸を考えている身軽さ志向のユーザーが多いので、この業務を行う不動産会社もとても多いのです。

賃貸物件を委託管理してもらう

最近の不動産会社は、仲介業より賃貸管理業務を行う会社が多いようです。

そして不動産を所有するオーナーも賃貸管理業務を不動産会社に委託したいと思っています。

物件を全体的に管理するという負担が大きい業務を、賃貸管理業務を行う不動産会社に委託できればオーナーの負担はかなり軽くなります。

特に複数の物件を所有しているオーナーや、忙しくてなかなか物件のメンテナンスができないと感じているオーナーには安心なのではないでしょうか。

基本の委託内容である物件管理の料金は、埼玉や東京などの首都圏と地方ではかなり差があるようです。

また、修理・修繕や清掃などのオプション業務の委託も、不動産会社や埼玉などの首都圏、地方で内容も手数料も違うので注意が必要なところです。

近年、オーナーが行うとされる契約更新や退去後の原状回復工事の手配なども不動産会社に委託できるようになりました。

賃貸管理なら埼玉が良い

しかし埼玉や東京などの首都圏でも、これらの業務が委託できるかどうか確認が必要になるとのことです。